広報写真コンクール




松坂投手が大リーグデビュー日の2007年4月5日に
着用していたのと同じレッドソックス
公式ロードジャージーです
ジャージーは大リーグデビュー記念のUDA社
特製高級ケースに入っており
118枚の限定版です
サイズは松坂投手が着用しているのと同じ48です
ジャージーにはサインの他、
UDAの特許5段階鑑定を経て初めて認証される
ホログラムが付いています
登録書ならびに証明書にも
ホログラムナンバーが入っています
ジャージーの裾の部分には
MLBによる本物の証明を意味する
MLBホログラムも付いています
シリアル番号の指定はできませんので
予めご了承下さい
もちろん現品限りとなっております
プロスポーツの逸品を是非お見逃し無く!


UDAブランドとは
1990年代初頭、直筆サインコレクションの
文化の広がりと共に
多くの偽物サインが世に出回り
純粋なファン、コレクター、そして、アスリート達を悩ませる状況となっていました
 この問題を解決するために
アッパーデック社は直筆サインの
真正を保証するための
5ステッププロセスを経た
業界初のオフィシャルメモラビリア商品ブランド
「アッパーデック・オーセンティケイテッド」
を立ち上げました
5ステッププロセスとは
選手が直筆サインを書く際に
その場に同ブランドの代表者が立ち会う事と
偽造防止のホログラムシールを商品本体と
保証書に貼付することを基本とした独自の
プログラムです
このようにUDAのオフィシャル
直筆サインアイテムを正規に流通することにより
またファン、コレクターの需要が
満たせることによって
ファンを装い転売目的に多くの
サインをもらおうとする迷惑業者を
抑制することにもつながりました
当時、このような問題に直面していた
マイケル・ジョーダン、ケン・グリフィーJr.等
各スポーツ界に君臨する
最高のパートナーシップを結ぶことで
多くの貴重なメモラビリアをファンや
コレクターに提供できるようになりました
日本人のアスリートでは、イチロー選手
松井秀喜選手、城島健司選手
松阪大輔選手がそれぞれメジャーデビューを
果たしたときに商品化を行ってきました
現在もメモラビリアコレクションの世界は
広がり続けています
その中で、UDAブランドは業界のパイオニアとして
アスリートを厳選し、商品化を続けています
すべての直筆サインは
アッパーデックオーセンティケイテッド
職員による立会いのもとで行われます
直接見ているということが
真正を保証する唯一の方法です
 サイニングセッションの記録書には
アスリートとUDA職員両名のサインが入り
半永久的に保存されます
 UDAの管理番号入りホログラムシールが
すべてのメモラビリアアイテムに貼られます
 保証書には、すべてのメモラビリアアイテムと
対になるUDA管理番号入りホログラムシールが
貼られます 
すべての直筆サインメモラビリア商品には
登録カードが付属します
所有者は、自分のUDA商品を登録することが可能です。